ホーム>ラッキープリントスタッフブログ
データ入稿用フォーム
テンプレートダウンロード

ラッキープリントスタッフブログ

来年への展望

そろそろ令和2年も終わりを迎える中、一年を振り返ってみると、なんとコロナ一色ではないでしょうか。人類は人種、宗派、国籍などいろいろと違いますが、昔も今もパンデミックに弱いことは変わりません。科学技術は飛躍的に進歩してきたとは言え、未知のウイルスによる疫病の発症や拡散に打つ手が限られています。ワクチンの開発や分配も分断する世界を象徴するように、いわゆる「先入観」と「価値観」の陣営ごとに報道や評価も分かれます。

ウイルスは人間の価値観を選別して、襲ってくるものではないのに、本当は全人類の知恵を結集し、立ち向かわなければならないのですが、未だに「価値感」で世の中を分断され、各国がばらばらの対応をしています。人間の思考による制度設計に限界を感じる一年でもあります。

来年を迎えるのではなく、迎えても迎えなくても、来年はやってくるものです。ですが、一つの節目として、縁起良く2020年の厄をすべて払い、2021年の吉を招きたいのが人の通常ですので、来年の早い段階で、ワクチンの接種普及によって、夏のオリンピックが大いに盛り上がることを期待しましょう。

また、弊社としてももっと魅力的なDIY商品の開発や発掘をしていきたいと思います。

 

株式会社中和 ラッキー プリント 社員一同

ドアオープナー

コロナの禍で、非接触というキーワードで沢山の商品が生まれてきていますが、誰もが触るドアのノブや取っ手などについているウイルスから自分の身をどう守るべきか、そこで素手で非接触用ドアオープナーが誕生しました。

欧米ではすでに多くの人々に愛用されますが、マスクと同じ、ただの不織布製白いマスクはもはや人々のおしゃれ欲求に満たせず、いろいろな形や色彩のものが世を問うようになっています。弊社の昇華転写マスクもこのDIY時代に個性的なデザインや商品化に役に立っていると感じています。

ドアオープナーも同様に昇華転写ができればと思い、工場に依頼してみましたが、できたものを見てみると市販されたものの形状とそれほど違わなく、指などを通す穴が多いので、残りの枠部分に面積が小さため、図柄を転写されても、デザインそのものが途切れて、全体が確認できなくなります。いかに転写面積を増やし、魅力的な昇華転写用商品にするかは肝心なところです。

なんと弊社と工場の考案で、素晴らしい形の昇華転写用ドアオープナーができました。また入荷するまで時間がかかりますが、お楽しみに!

 

ラッキープリント スタッフ一同

待望するコロナワクチン

米ファイザー(Pfizer)とドイツのビオンテック(BioNetch)が共同開発したコロナワクチンは有効性90%以上、また、米モデルナ社(Moderna)も同等の有効性を確認したと発表されています。いずれも第三期治験(安全性や有効性の最終段階の治験)で、数万人規模の接種を受けた結果だそうです。

アメリカ大統領選挙結果が決まった時点に合わせるような発表なので、トランプ大統領も「医療衛生部門もマスメディアと同様、自分の再選を望んでいない。」と落胆を隠せません。

アメリカにおいても、世界においても、トランプ大統領が待望されないようですが、パンデミックの世の中はコロナワクチンを待望しているのが間違いありません。

米独のワクチンが保存や輸送にマイナス70度の厳しい冷凍条件が必要になりますので、先進国はその冷凍輸送や保存条件をクリアし、或いは整備することが可能ですが、経済的、技術的にもなかなかクリアできない発展途上国に向いているワクチンではないのが確かです。

超低温ではなく、常温もしくは普通の家庭用冷蔵庫ぐらいの保存条件を満たすようなワクチンはないかと調べてみました。なんと、常温2℃~8℃の保存条件で、3年間効果持続できるワクチンがありました。やはりいわゆる先進国のものではなく、中国が開発したものです。技術的に昨今流行りのウィルス組み換えという方法を採用せず、もっともオーソドックスな不活化ルートで開発したワクチンだそうです。抗体の強さはコロナ肺炎から回復した人々の体内にある抗体と比べれば、若干弱いのですが、安全性や有効性が十分検証されていると言います。何より、高価の製造コスト、超低温輸送や貯蔵コストはかからず、多くの貧しい地域の人々にもコロナから命を守ることができるのです。

中国国内では「コロナと共存しない」という明白な指針に基づき、「出た杭を打つ」とコロナ撲滅に奮起してきたので、第一波の後、大規模な感染がないため、三相治験は国内実施ではなく、現在4つのワクチンがパキスタン、UAE(アラブ首長国連邦)、サウジアラビア、インドネシア、ロシア、ブラジルなどの国々で行われています。それぞれボランティア数万人程度を動員したそうです。中にすでに有効性を認められ、緊急的に医療従事者や学校講師、政府高官らに限定的に使われたものもあると伝えられています。

また、本日5つ目のワクチンもこれからカザフスタンとの協力で、3相治験を行うと発表しています。

いずれにせよ、ワクチンなしではコロナの鎮静化を望めませんので、どの国が開発しても構わないです。人類に役に立つことができれば、OKなのではないでしょうか。

ワクチンそのものを「社会主義」、「民主主義」、「自由主義」、「独裁主義」とレッテルを貼りたい連中も少なからずいると思いますが、結果的に人々の命や人類の命を救うことができれば、まして貧しい国々で暮らしている貧弱な人々も感染から脱出させることができれば、たとえ「独裁主義」のワクチンであっても、素晴らしいワクチンに違いありませんからね。

 

ラッキープリント スタッフ一同

コロナの終焉は

昨年の今頃から、コロナーがこの世に登場し、気が付くと1年が経とうとしています。コロナの禍が収束に向かえると願いましたが、収束するどころか、第二波を経って、第三波も寄せてきています。

「緊急事態」と発令した時期よりも明らかに感染者の数が多くなっていますし、若者が多く感染された第二波の特徴とも異なって、第三波は再び年寄りの感染者が増えるようになっています。基礎疾患の患いが多い年配の方が感染しやすくなることなので、毒性が弱まったとは言え、致死率が上がります。

米独連携のワクチンの開発が成功ということですが、大量入手はどうやら来年3月以降になる見通しで、マイナス70度の保管条件をクリアしなければならないため、保管リスクもあり、コストもかかりそうです。専門家の話によると、人口の60%以上の人々が接種をしないとコロナウイルスを抑えることが難しいだそうです。

来年(2021年)の夏まで、全国民が2回ずつの接種を受ければ、コロナも終焉し、東京オリンピックを気持ちよく迎えられますが、コロナが消えることがなく、今後新種のインフルエンザとして、人間が長年に亘ってそれと付き合うことになりそうです。

 

ラッキープリント スタッフ一同

昇華転写の新定番 マスク、ソックスとスリッパ

昇華転写は技術的に成熟した印刷術の一種で、版は要らず、好きな時、好きな数、好きなグッヅ製作が可能ですのが特徴です。ポリエステル素材のTシャツ、エプロン、トートバックやコーテイングしたマグカップなどへの転写は定番ですが、最近、スリッパやソックスもラインナップに加えて、昇華転写の新しい定番グッヅになりつつあります。

また、コロナの禍の中、「非接触」というキーワードで、外出に当たって、全公民が必要になっているマスクにも昇華転写ができるポリエステル素材の商品が開発され、昨年の11月から徐々に認知が高まって、売れ行きが好調になっていました。

3月、4月に中国当局がマスクを含む衛生用品の品質確保のため、輸出への統括管理に乗り出した結果、マスクの輸入は一時的に途絶えましたが、6月、7月に輸入も正常化になりました。不織布製の使い捨てマスクではなく、いろいろな個性的なマスクも開発されて、色彩や形やデザインが楽しめるようになっています。

その中において、DIY印刷ができる昇華転写用マスクはユニークな商品として、注目を集めています。面白いグッヅ製作の新たな定番になっています。「三密」を避けるべき、家籠りでも楽しみが増えれ、ストレース解消に繋がります。デザイン次第で魅力的な商品ができれば、錬金術を手に入れることにもなります。

いまこそ、一石多鳥の昇華転写を試してみてはいかがでしょうか。

下記リンクをご参考下さい。

マスク https://www.luckyprint.net/shop/products/detail.php?product_id=674

ソックス https://www.luckyprint.net/shop/products/detail.php?product_id=699

スリッパ https://www.luckyprint.net/shop/products/detail.php?product_id=638

 

ラッキープリント スタッフ一同

カレンダー製作に重宝

いよいよ、年に一度のカレンダー製作シーズンになりますが、今まで外注で、高い出費を重ねますが、弊社が取り扱う製本機や半円カッターを導入していただければ、カレンダーの社内製作は簡単にできます。オリジナルデザイン、オンデマンド印刷、納期短縮対応などの利点があるだけではなく、製作コストも削減できます。

また、製本機(バインダー)もカレンダー製作のほか、社内資料、プレゼン資料などページが360度見開ける装丁は可能です。下記リンクをご参考下さい。

https://www.luckyprint.net/shop/products/detail.php?product_id=372

https://www.luckyprint.net/shop/products/detail.php?product_id=352

カレンダー製作に特化した専用カレンダー製本機も販売しています。壁掛けカレンダーの半円カットとリング製本をこの一台に機能が集約されています。下記リンクをご覧ください。製本用リンクもカレンダー専用吊り棒もご用意しています。

https://www.luckyprint.net/shop/products/detail.php?product_id=515

https://www.luckyprint.net/shop/products/detail.php?product_id=252

https://www.luckyprint.net/shop/products/detail.php?product_id=324

カレンダー製作をぜひ楽しんで下さい。

 

ラッキープリント スタッフ一同

長尺裁断機(ローラーカッター)

ポスター印刷やラミネート後の加工に必要な長尺サイズ裁断機はいよいよ仕入れることができ、販売に踏み切りました。厳選した中国製のマシンですが、同等のヨーロッパ製品と比べると、リーズナブルな価格(半額ぐらい)が魅力的だけではなく、マシン強度、精度、カッターの切れ味もよく、使い勝手もいいです。

広告印刷業に向けるプロ仕様のマシンですが、オンデマンド印刷や個人印刷事務所などでも導入しやすいです。紙はもちろんのことですが、PET、PVCなどのフィルムシートのカッティングにも適します。設計事務所やグラフィックデザイン、広告写真事務所、会社の広報部門、パネル製作業者などお勧めです。

 

ラッキープリント スタッフ一同

「不測の時代」を生きる

11月3日に行われる予定の米国の大統領選挙、今月中2回ほど大統領候補のテレビ討論も控えている中、現職のアメリカ大統領トロンプはついに「インフルエンザのようにウィルスが消えてなくなる」前、ホワイトハウスの対コロナ厳戒中、クラスター感染という形で、PCRの陽性反応が確認されました。「チャイナウェルス」、「武漢ウェルス」に屈した形になりますが、軽率な発言、責任転嫁の行動に「自業自得」という敵対的な態度を取っている人もいますが、さすが現職のアメリカ大統領で、世界のリーダーである以上、アメリカに敵視されている習近平政権も、北朝鮮も「早期回復を祈願する」とエールを送らなければなりません。

これからの展開はどうなるのか、嘗てトランプの「指導力」を発揮してきた3年間のアメリカと世界情勢が益々混沌と見えなくなると同様、恐らく予言も見通しもつけられないのではないでしょうか。世界がどういう方向に転んでいくのか、アメリカ大統領一個人の意思によることがあまりにも大きいからです。

コロナは非日常から「新たな日常」と化してしまうと同じ、秩序が守られる世の中から、だんだんと秩序を失うことになっています。元への復旧や回帰を期待するより、普通の人々は、なるようにしかなりないと悟りながら、前向きに生きるしかありません。

 

ラッキープリント スタッフ一同

コロナ危機に求められる指導力

「21世紀はアジアの世紀」とずっと前から騒いでいる学者がいます。21世紀に入ってから、東アジアの3強日中韓が牽引し、アジア全体の発展は著しいです。多くの学者は「後の祭り」しかまとめられないのですが、「アジアの世紀」と予言できる学者は先見性がありました。

アジアの台頭は20世紀60~80年代において、日本の経済奇跡から始まり、80年代から90年代の韓国、シンガポール、台湾及び香港の躍進を経って、90年代から高度成長を成し遂げた巨大な中国の台頭が今尚続いています。20世紀に突入した後、東アジア経済圏から西へ伸び、東南アジア諸国、インドにも経済成長を波及しています。

2019年のGDPベースで、アジアは27.54兆ドル、世界のGDPを占める割合は36.4%で、すでに2位の南北アメリカの合計25.4兆ドル、占める割合33.6%を超えています。東アジアの日中韓3か国のGDPを合わせるだけでも、アメリカに相当します。特に新興国としての中国は2019年アメリカのGDPの70%近くまで接近しています。アジアの台頭は、新興国の目覚ましい経済成長によるものだと言うまでもありませんが、同時に先進国の相対的な停滞も背景にあるのではないでしょうか。

人類の歴史を振り返ってみても、大きな社会的転換や交替が行われる場合、新興勢力とその勢力を阻止する旧体制維持派との駆け引きは避けられないし、中国をアメリカ大統領選挙に「やり玉」とされている現状もこれで説明や解釈がつきます。中国は立場上、これからしばらく罵声を浴びることに慣れなければならないし、却ってアメリカにこんなに危惧さえ感じられるようになったと自らの成長や存在感を誇るべきだと思います。

問題は「アジアの世紀」とその趨勢を素直に認めるかどうかです。今後の10年、20年東アジアのみならず、インドを中心とする南アジア、シンガポール、マレーシア、インドネシア及びベトナムを中心とするアセアンの更なる発展が見込める中、依然として、アメリカの指導力を慣性的に期待し、依存するかどうかは国際社会に大きな疑問を投げ出されているのではないでしょうか。

「独裁者は独裁国家から誕生する」という虚像を見るだけではなく、民主主義によって、トランプ類の「独裁者」も現実に誕生していますし、真面目なリーダーシップや協調性も感じられない「世界的なリーダー」は本当に国際社会が望んでいるのでしょうか。政治制度自身の問題よりも、恐らく政治家個人の資質によるもののほうが大きいだと思います。いくら立派な政治制度であっても、選ぶ人間を間違えれば、世界史に好まない痕跡を残すことをけして忘れるべきではありません!!

 

ラッキープリント スタッフ一同

大統領選のためのテレビ討論

最大の民主主義国家アメリカの国民のみならず、世界中の注目を浴びる米国の大統領選挙で、1回目のテレビ討論が行われました。「米国史上最悪の大統領」と糾弾するバイデン氏の言葉に、顔に紅潮が浮かび上がり、反撃するトランプ氏は、視聴者向けのカメラ目線ではなく、討論相手のバイデン氏と司会者に視線を合わせ、バイデン氏や司会者の発言を遮ってしまって、司会者からの忠告を受けたシンが幾度ありました。

中国という「悪玉」がそこにあるので、在任中の至らなさをすべて「China」のせいにすればOKのようですが、自分は悪くないと一点張りで貫き通そうとしました。個人的な攻撃も屡々あって、選挙のためのテレビ討論も次期大統領候補の間、互いに罵り合戦のように見えます。

米国の大統領選挙は「共和党」と「民主党」とのどちらの指導者はより優れているのを競い合うものですが、いつの間にか、どちらもよくなく、すこしましなリーダーを選ぶことになりました。

アメリカ合衆国はここまで来て大分変ったと感じました。

 

ラッキープリント スタッフ一同

ページ上部へ