ホーム>缶バッジ製作について
データ入稿用フォーム
テンプレートダウンロード

缶バッジ製作について

缶バッジマシンについて

Q プロ仕様SD―N3/N4とプロ仕様SD-N1の違いについて教えて下さい

 プロ仕様SDシリーズSD-N1とSD-N3/N4は両方ともプロ仕様ですが、メーカーも同じです。一日の推奨作成数によって、機械の持つ強度や採用する素材も違います。もちろんその耐久性も違ってきます。
SD-N1(メーカーの推奨作製数3000個/日)はもっとも強度が高いマシン、SD―N3/N4(メーカーの推奨作製数2000個/日)は標準仕様といったところでしょうか。

 SDタイプのパーツが豊富に取り揃えています。円形の缶バッジだけではなく、キーホルダーやマグネットバッジ、マグネットクリップ、ヘアゴム、携帯ストラップなども発売しているほか、正方形、長方形、楕円形、ハート形、星形、5角形、6角形、8角形と盾形などの異形パーツも用意しています。商品のラインナップをより充実しています。

 SD-N3/N4は回転式のマシンで、回転盤がついています。シンプルな構造と軽快なボディになりますが、イベントや出張サービスに持ち運びが便利な商品で、円形と異形の金型(アタッチメント)の両方を簡単に取り付けることができますし、交換も容易に行えます。本体一台で、形や用途の違うバッジをいろいろと体験でき、楽しめるシステムプロ仕様の缶バッジマシンです。SD-N3はΦ25mm~75mmの円形金型、37mm正方形(角丸)、58×37mm、70×25mm長方形(角丸9、69×45mm楕円、星形、ハート形、5角形、6角形、8角形の異形金型を対応しますが、SD-N4は本体と回転板はSD-N3より長いので、SD-N3の本体に取り付けられる上記各種金型以外、90mm、110mmの円形金型と58mm正方形(角丸)、50×70mm盾形などの異形金型にも対応しています。それに対して、SD-N1は左右スライド式のマシンになります。アルミ製のスライド板を左右スライドさせることで、フロントパーツとバックパーツのプレスを行います。回転式と比べれば、スライド板の移動距離が短い分、製作効率が高まります。しっかりし、頑丈なボディづくりになっているため、重厚感があり、操作しやすいですが、25mm~75mmまでの円形金型しか対応していません。
 三者とも精巧にできているので、無駄な力も要らず、当社の日作製推奨数(メーカー推奨数と違います)範囲内で、お使いいただければ、不良品率はゼロに近い。しかも一年間当社製品保証がつきます。
安心してお使いになれます。お客様が自分の想定する使い道や展開するビジネスや作製数などによって、選んでいただければと思います。

ページ上部へ