ホーム>よくある質問
データ入稿用フォーム
テンプレートダウンロード

よくある質問

昇華転写について

Q 昇華転写とは?

 プリント技術の一つです。昇華型インク(分散染料インク)をインクジェットプリンタで転写紙に鏡像(左右反転)印刷し、その転写紙の印刷面を転写素材の転写面に合わせて、熱転写機(ヒートプレス機)にて、180℃~200℃の高温と圧力を加えることにより、気化したインクが被転写物の分子構造に入り込み、染色する技術を昇華転写プリントと言います。

Q 昇華転写で布生地へのプリントがきれいにできますか?

Tシャツやエプロンなど、布地への印刷は主にシルクスクリーン印刷とデジタル印刷に分かれます。

   シルクスクリーン印刷とは、孔版印刷技術の一つで、版にインクを付けて印刷するのではなく、版自体に穴をあけ、そこからインクを擦りつける印刷方式です。
シルクスクリーン印刷は、主に絹・ナイロン・テトロンなどの布地を得意としており、YMCKで色を分解する印刷方法よりも、1色ごとの特色印刷を得意とします。従って、複数の色を使用する場合に多色刷りとなるためにフルカラー画像やイラスト印刷に向かず、単色のものを印刷するのに向いています。また製版が必要となるので、どうしても製版代がかかってしまいます。同じ絵柄を30枚以上印刷して、ようやく安くなる計算です。
それに対して、昇華転写はデジタル印刷技術なので、製版は不要です。一枚でも転写できます。フルカラー印刷やオリジナル印刷サービスに非常に適しています。加えて、昇華転写技術が成熟するにつれ、布生地のみならず、マグカップ、ビールジョッキ、お皿、水筒、コースター、マウスパッド、名刺ケース、タイル、マグネットマット、アルミやガラス板、数々のペット、キーホルダーなど、様々な素材を被転写物とできるので、表現の幅が広がります。

Q 昇華転写とコピー転写の違いは?

   昇華転写は転写紙にインクジェットプリンタで印刷するのに対して、コピー転写は転写シ-トにカラーレーザー機などで印刷します。

ご存知の通り、フルカラー印刷、特に写真、絵画、イラストなどのプリントにおいて、トナー式のコピー機で出力した場合と、インクジェットプリンタによる出力との品質の違いは歴然です。特に写真のようなきめ細かい諧調(グラディション)が求められるものはレーザープリンターが向いていません。転写の元になる画像の質が落ちれば、高品位の転写もできなくなります。

   しかも、ほとんどのコピー機用転写シートに複雑なデザインを印刷すると、はさみやカッティグボロッターで、余白部分をカットしなければなりません。昇華転写は印刷した部分(昇華インクが塗っている部分)のみ転写されますので。よりきれいに転写できるだけでなくコピー転写の煩わしさも省けます。

Q Tシャツプリントについての注意点は?

Tシャツにプリントするときに、布地の材質またはTシャツの色によって、転写方法を選ばなければなりません。

1)ポリエステル50%以上の生地、色は白や浅い色の場合は

   昇華転写のもっとも得意な分野で、昇華インクで出力した鏡像(左右反転の画像)の転写用紙の印刷面をTシャツの転写したいところにセットし、熱転写プレス機で、180℃、40秒~60秒できれいに転写ができます。昇華インクが高温によって気化し、生地の分子構造の中へ染みこみ、通気性に優れて、洗濯にも強い。生地をポリエステル50%以上、色を白や浅い色に限定する理由は、気化したインクがポリエステル素材の分子構造に入り込み、堅牢にくっ付くのに対し、綿の素材に入り込んで、きれいな転写はできますが、綿の分子構造にしっかり付着しないので、水洗いなどで色がすぐ落ちてしまいます。また、濃い色の生地であれば、生地の色と気化したインクの色と調色中和し、まったく別の色になってしまうからです。市販された白いTシャツの中に、裏側綿100%と表側ポリエステル100%のものがあり、表記上は綿とポリエステル各50%になっていますが、着心地がよく、昇華プリントに適しています。ちなみに、昇華転写に開発されたマウスバットやコースター、財布、鞄、マスクなどの表面がほとんどポリエステルになっています。

2)色は浅く、綿50%以上の生地の場合

   浅い色用の専用転写紙が必要になります。転写紙が二層構造で、顔料インクや昇華インクで出力した鏡像(左右反転の画像)の転写用紙の印刷面をTシャツの転写したいところにセットし、熱転写機で、180℃、6秒~15秒の間でプレスします。表の保護層を剥がせば、完成。Tシャツの転写された部分が少し隆起して、この部分の通気性がなくなり、転写してない部分に比べ、手触りが違って、多少隆起しています。また、転写紙によって、この保護層を剥がすのに、転写後熱いうちにすぐ剥がすタイプと冷却してから剥がすタイプがあるので、転写紙のタイプを確認のうえ、正しく使って下さい。ちなみに、当社が販売している用紙は転写後熱いうちに剥がすタイプです。

3)生地の色は濃い場合

   綿やポリエステルの生地にかかわらず、濃い色専用転写紙を用います。その用紙も二層構造で、白色のフィルムの表面にインクジェットコーティングを施されています。その面に昇華インクではなく、顔料インクか染料インク(紫外線に強い顔料インクをお勧めです。)で左右反転の鏡像印刷せず、そのまま、画像を出力した後、裏の粘着面を保護する用紙を剥がしてから、画像印刷面を上向きにし、Tシャツの上に乗せ、耐熱隔離紙を覆うようにして、熱転写機で160℃、15秒~20秒プレスすれば、完成です。

   厳格に言えばそれは転写ではなく、薄いフィルムを高温、高圧でTシャツにくっつける作業になります。ただ、その過程は熱転写とほぼ同じです。Tシャツの表面に薄いフィルムを付着しているので、その部分が隆起し、通気性が悪くなる、洗濯などによって、徐々にひび割れが生じたりもします。それを軽減するため、品質のいい転写紙を使いましょう。いい用紙にそもそも弾力が優れるので、ひび割れが生じにくい。またプリント面のコーティングもしっかりしていて、印刷出力がきれいです。当社が販売しているアメリカ製の転写シートは、厳選した質と価格の比に優れている用紙なので、ぜひお試し下さい。

Q 高品質の昇華転写を行うため、どうしたらいいでしょか?

   まず熱転写の品質を左右する要素がいくつかあります。

1)原板品質 それは転写品質を決めるもっとも大事な要素で、解像度のよい鮮明な画像にこだわって下さい。腕が立つ料理人が腐った材料の前に振舞っても、よい料理はできないと同じ、転写技術がいくらよくても、原板が悪ければいい品質が望めません。

2)プリント品質 転写用プリントのクォリティはプリンタ(プリンタが違えば、プリント結果が違ってきます。)、プリンタ出力設定(適切な設定でなければ、画像の滑らかさがなくなったりします。)昇華インク(品質のいいものは流暢性に優れ、インク詰まりあまり起こらないだけでなく、転写する際、インクが気化し、転写素材の分子構造の中へしっかり入り込み、画像の再現性や持ちがよくなる)と転写紙(いい転写紙は画像の再現性、諧調表現と転写率に優れます)

3)被転写物の品質 被転写物(転写素材)の昇華コーティングがきちんとまんべんなく施されたのかどうかは転写後の画像クォリティを大きく影響します。

4)転写用プレス機と転写技術 よい原板、よいプリント、よい被転写物が揃えば、よい転写への準備ができたと言えます。しかし、操作性や温度、時間、圧力のコントロールの悪いプレス機を使えば、せっかくの準備も台無しにしてしまいます。また、転写技術の未熟で、温度、圧力などの設定を間違えば、よい転写結果も生まれません。

 以上1)~4)の転写品質を左右する要素を踏まえて、当社の実写データに基づき、厳選した熱転写プレス機(ヒートプレスマシン)、転写用消耗材と被転写物の組み合わせで、納得のいく転写品質を約束すると同時に、よい転写を高価の機材でという今までのイメージを払拭し、初期導入コストもランニングコストの安さも業界では異彩を放っています。クォリティのいいものを安く仕上げる製品をあなたのビジネスをサポートします。

Q マグカップ熱転写機(カッププレス機)が転写可能な円柱サイズは?

 弊社が取り扱っているマグカッププレス機にハイグレードのもの(型番CWMP_70CA)と普及タイプのもの(型番CW-HPM)2種類にあるほか、同時に2個ずつのマグ転写が可能なツインタイプ(型番CWST-210)もあれば、円柱だけではなく円錐型マグカップの転写ができる4in1タイププレス機(型番MC_HPM4W)もあります。いずれも転写プラテンが交換できるタイプですが、上級機(型番CWMP_70CA)の本体に11OZ、10OZ兼用転写プラテンと9OZ、6OZ兼用転写プラテンの両方を付属する仕様になります。そのほかの3種類は11OZと10OZ兼用プレテンのみ付属し、9OZと6OZ兼用プレテンは別売りで追加対応ができるようにしています。11OZと10OZ兼用プレテンは、対応口径75mm~90mmになります。これより小さいな口径のものを転写する際、9OZ、6OZ用の転写プラテンに交換すれば、直径55mm~70mmまでのものへの転写が可能になります。

 従って、昇華転写のコーティングを施されたものであれば、マグカップに限らず、コーヒーカップ、ビールジョッキ、水筒、浴室セットなどにも転写ができます。ちなみに弊社が取り扱う6in1多機能熱転写機(ヒートプレス機)のマグカップ用転写キットに11OZと6OZ用転写マットを両方つけています。

Q A4昇華転写紙(100枚セット)で、マグカップをいくつ転写可能ですか?

  イラストレーターやフォトショップなどのソフトでA4用紙を縦にし、三等分で面付けをしていただければ、コストが1/3になります。また、プリンタにもよりますがすでに1/3に切られたものを印刷するという方法もあります。したがって、100枚の用紙は300個の11OZのマグカッププリントができる計算になります。

Q A4昇華転写紙(100枚セット)とポリエステル衣類専用転写用紙の違いは?

 簡単に言えば、転写効率の違いです。昇華転写紙は昇華インクで印刷された後の乾燥時間は短く、印刷後すぐ転写を行うこともできる用紙です。色調の再現性や諧調表現も豊かで、転写率も高く、価格と品質の比に優れた商品です。主に陶器、プレスチックマグカップ、金属や合皮製キーホルダーなどにお勧めです。それに対して、ポリエステル布などの生地でできた被転写物、例えば、Tシャーツ、エプロン、スポーツキャップ、マウスパッド、コースターなど、より昇華インクの捺染効果を布繊維の中に染みこませて、高めるため、ポリエステル衣類専用転写が開発されています。転写効率は96%と高く、その代わりに昇華インクで印刷されてから、完璧に乾燥されるまで、気温や湿度にもよりますが、3~4時間かかるのが一般的です。転写は用紙を完全に乾燥してから行うことになります。転写クオリティーを上げるために乾燥時間を犠牲にする仕様になりますが、用途によって、使い分けをお勧めしています。

Q 昇華転写のために専用プリンタを用意しなければなりませんか?

 転写紙へのプリントは昇華型インクを用いるため、インク噴射方式の違いでエプソンとブラザーのプリンタしか使えないのでご注意ください。お持ちのプリンタのメーカーはエプソンやブラザーであれば、昇華型インクの詰めたカートリッジを交換すれば、使えますが、普通の染料や顔料インクプリントをしたり、昇華インクでプリントをしたり、初終インクを交換するわずらわしさやインクのコストが高くなるのを避けるため、プリンタを別別に用意するようにお勧めします。

 また、インク代を究極に安くする方法として、連続インク供給体をご利用することもできますが、取付やインク詰め替えなどの煩わしい作業を省くため、弊社はエプソンとブラザーの該当機種に専用のICチップ対応昇華インクカートリッジを開発しています。メーカーの純正インクとほぼ変わらない価格で、昇華型インクカートリッジを販売しています。インク交換も普通のカートリッジ交換と同様な扱いになり、だれでも簡単にできます。

缶バッジマシンについて

Q プロ仕様SD―N3/N4とプロ仕様SD-N1の違いについて教えて下さい

 プロ仕様SDシリーズSD-N1とSD-N3/N4は両方ともプロ仕様ですが、メーカーも同じです。一日の推奨作成数によって、機械の持つ強度や採用する素材も違います。もちろんその耐久性も違ってきます。
SD-N1(メーカーの推奨作製数3000個/日)はもっとも強度が高いマシン、SD―N3/N4(メーカーの推奨作製数2000個/日)は標準仕様といったところでしょうか。

 SDタイプのパーツが豊富に取り揃えています。円形の缶バッジだけではなく、キーホルダーやマグネットバッジ、マグネットクリップ、ヘアゴム、携帯ストラップなども発売しているほか、正方形、長方形、楕円形、ハート形、星形、猫形、玉子形、3角形、5角形、6角形、8角形と盾形などの異形パーツも用意しています。商品のラインナップをより充実しています。

 SD-N3/N4は回転式のマシンで、回転盤がついています。シンプルな構造と軽快なボディになりますが、イベントや出張サービスに持ち運びが便利な商品で、円形と異形の金型(アタッチメント)の両方を簡単に取り付けることができますし、交換も容易に行えます。本体一台で、形や用途の違うバッジをいろいろと体験でき、楽しめるシステムプロ仕様の缶バッジマシンです。

 SD-N3はΦ25mm~75mmの円形金型、37mm正方形(角丸)、58×37mm、70×25mm長方形(角丸)、楕円形、星形、猫形、ハート形、玉子形、5角形、6角形、8角形の異形金型を対応しますが、SD-N4はSD-N3より本体が長く、SD-N3の本体に取り付けられる上記各種金型以外、90mm、110mmの円形金型と70×63mmの3角形、58mm正方形(角丸)、50×70mm盾形などの異形金型にも対応しています。

 それに対して、SD-N1は左右スライド式のマシンになります。アルミ製のスライド板を左右スライドさせることで、フロントパーツとバックパーツのプレスを行います。回転式と比べれば、スライド板の移動距離が短い分、製作効率が高まります。しっかりし、頑丈なボディづくりになっているため、重厚感があり、操作しやすいですが、25mm~75mmまでの円形金型しか対応していません。
 いずれのマシンも精巧にできているので、無駄な力も要らず、当社の日作製推奨数(メーカー推奨数と違います)範囲内で、お使いいただければ、不良品率はゼロに近い。しかも一年間当社製品保証がつきます。
安心してお使いになれます。お客様が想定する使い道やビジネスや展開によって、選んでいただければと思います。

製本機材について

Q 筋押機が押すラインの形について

A ファミリーレストランなどで立派な製本されたメニューをよくご覧になると思いますが、メニューの見開きページの真ん中に折を付けるためのラインがあります。片面は凹、片面は凸のラインになり、このラインは1本しかないですが、見栄えよく、凹凸の間に2本ラインが見えるので、形上ダブルラインと呼ばれています。もちろんメニューだけではなく、フォトブック、写真集、段ボール、2つ折りカード、名刺、診療証など、印刷業者が製本をするため、この立派な筋を付けなければなりません。筋押し機はこの筋(ダブルライン)を押すための専用機械になります。

Q プラスチックリング製本機とツインループ製本機との違いについて

A デジタル時代にオンデマンド製本へと高価の外注ではなく、手軽な製本が社内で行えるようになっています。

  文字通り、プラスチックリング製本機はプレスチックリングを用いてのバインダーになります。安価で簡易的な製本、資料まとめにお勧めです。ツインループ製本機は金属製のダブルリングを用いてのバインダーです。プレゼン資料など大事なお客様に見せるため、ある程度の製本品質や高級感が必要な場合にお勧めです。また、プラスチックリングは材質が軽いので、あまり重い製本は望めないですが、壁掛けカレンダーなどちょっと重さのある製本はツインループ製本機が向いています。

  また、近年軽くおしゃれで螺旋状のスパイラルリング製本にも人気があるますので、リングの形や材質によって、適切にバインダー(製本機)を選んでいただければと思います。

Q 製本機のピッチについて

A バインダー(製本機)は複数ページに穴をパンチしたうえ、製本用リングを穴に通し、繋ぐという製本方法になりますが、1インチ(25.4mm)長さの中に穴をいくつ開けるのかはピッチと言います。

  例えば、弊社が取り扱っているツインループ製本機のパンチ穴は4mm正方形になりますが、穴と穴との間の距離(穴間距離)8.47mmという国際規格になっています。A4サイズの長辺(297mm)に穴を34個パンチします。1インチ当たり穴3つという計算になるので、穴のピッチは3:1となります。同様に2:1の製本機は1インチに2個の穴をあけますので、A4サイズの長辺(297mm)に23個の穴を開けることになります。3:1の製本機より2:1の製本機がパンチする穴が少なくなります。

Q プラスチックリング製本機の規格について

A 弊社が販売をしているプラスチックリング製本機は国際規格になりますので、A4長辺に21穴を開けることになります。日本独自の規格は20穴の仕様になりますため、日本向けの20歯のリングを使用する場合は、製本機の刃を1本抜き、21穴を20穴に合わせて、パンチを行って下さい。

  その逆、日本規格仕様の製本機で、弊社の取り扱うプラスチックリングを使って製本する場合は、21の歯をハサミなどで1つ切ったうえ、ご使用下さい。

証明写真カッターについて

Q 証明写真カッターの四隅は直角ですか角丸ですか

A 弊社が取り扱っている証明写真カッターはすべて中国工場に依頼し、日本向けの仕様に特製されているもので、角が角丸ではなく、直角になります。
また弊社が12年間、自分のミニラボ(写真現像所)で使ってきた経験ですが、挟み型(ハンドカッター)に硬さがあって、3.5mm×4.5mm以上のものは相当の握力がなければ、すこし使いにくく、女性スタッフにお勧めはしません。女性スタッフがカット作業を担当される場合は、レバーを手前に押し倒すたけで写真を省力で簡単に切れますので、卓上型(スタンドカッター)のものをお勧めします。

Q 証明写真カッターの替刃交換について

A 挟みカッター(ハンドカッター)の設計寿命は6000回以上、卓上型カッター(スタンドカッター)の設計寿命は10000回以上になりますが、使用頻度、切る対象や厚み及び切り方、メンテナンスによって、寿命が異なります。刃が切れなくなったら、構造上、使い捨てタイプのカッターになりますので、刃を変えたりすることはできず、本体の買い替えになりますので、ご了承下さい。

 また、替え刃の交換によって、異なる証明写真サイズのカットできるマルチフォトカッター(マルチ証明写真カッター)も弊社が開発販売をしていますので、ぜひご覧になって下さい。

Q 証明写真カッターで切る際の写真余白について

A 弊社ウェブで明記した各サイズの挟み型証明写真カッター(ハンドカッター)や卓上型証明写真カッター(スタンドカッター)はすべて実際のカットサイズになります。従って、カットを行う際、余白が出ないようにぎりぎりの実寸の写真サイズより4辺を各1mmずつ大きく原版写真を作成して下さい。

 プリント原板に仕上げる際、面付けをしてレーアウトをしますが、各メーカーの自動面付けソフトの場合は、左右上下を1mmずつ大きくするのが普通です。例えば、30×24mmの証明写真の場合は大体32×26mmになります。それ30×24mmのカッターで切り、ちょうど、30×24mmの証明写真になります。カットする際、よほどカッターが曲がらなければ、失敗はないはずです。しかも、カッターの枠の中に写真を収まっているかどうかを目で確認しながら、作業をするので、左右上下2mmの余白があれば、十分綺麗に切れます。

Q 証明写真カッターの特注について

A 弊社の挟み型証明写真カッター(ハンドカッター)及び卓上型証明写真カッター(スタンドカッター)において、お客様の特注サイズにオーダーメイドの対応ができます。挟み型カッターは四角形40×50mm、円形Φ45mm以内、卓上型カッターは四角形50×50mm、円形Φ50mm以内の範囲内で、ご注文を承ります。0.1mm刻みの特注も対応します。四角形より円形の特注価格は1500円(税別)増しになります。工場の込み合いによって、納期の違いがありますが、おおよそ50~70日間かかります。

 また上記のサイズを超える場合は、四角形110×90mm、円形90mm以内の範囲なら、スタンドカッターⅡで特注を承ります。多面付の場合は100×200mmの範囲内で、受注生産は可能です。

ページ上部へ