ホーム>よくある質問

よくある質問

昇華転写について

Q 昇華転写とは?

プリント技術の一つです。昇華型インク(分散染料インク)をインクジェットプリンタで転写紙に鏡像(左右反転)印刷し、その転写紙の印刷面を転写素材の転写面に合わせて、熱転写機(ヒートプレス機)にて、180℃~200℃の高温と圧力を加えることにより、気化したインクが被転写物の分子構造に入り込み、染色する技術を昇華転写プリントと言います。

Q 昇華転写で布生地へのプリントがきれいにできますか?

Tシャツやエプロンなど、布地への印刷は主にシルクスクリーン印刷とデジタル印刷に分かれます。

   シルクスクリーン印刷とは、孔版印刷技術の一つで、版にインクを付けて印刷するのではなく、版自体に穴をあけ、そこからインクを擦りつける印刷方式です。
シルクスクリーン印刷は、主に絹・ナイロン・テトロンなどの布地を得意としており、YMCKで色を分解する印刷方法よりも、1色ごとの特色印刷を得意とします。従って、複数の色を試用する場合に多色刷りとなるためにフルカラー画像やイラスト印刷に向かず、単色のものを印刷するのに向いています。また製版が必要となるので、どうしても製版代がかかってしまいます。同じ絵柄を30枚以上印刷して、ようやく安くなる計算です。
それに対して、昇華転写はデジタル印刷技術なので、製版は不要です。一枚でも転写できます。フルカラー印刷や個性的な印刷サービスに非常に適しています。加えて、昇華転写技術が成熟するにつれ、布生地のみならず、マグカップ、ビールジョッキ、お皿、水筒、コースター、マウスパット、名刺ケース、タイル、マグネットマット、アルミ等々、ガラスや金属など、様々な素材を被転写物とできるので、表現の幅が広がります。

Q 昇華転写とコピー転写の違いは?

   昇華転写は転写紙にインクジェットプリンタで印刷するのに対して、コピー転写は転写シ-トにカラーレーザー機などで印刷します。

ご存知の通り、フルカラー印刷、特に写真、絵画、イラストなどのプリントにおいて、トナー式のコピー機で出力した場合と、インクジェットプリンタによる出力との品質の違いは歴然です。転写の元になる画像の質が落ちれば、高品位の転写ができないのです。

   しかも、ほとんどのコピー機用転写シートに複雑なデザインを印刷すると、はさみやカッティグボロッターで、余白部分をカットしなければなりません。昇華転写は印刷した部分(昇華インクが塗っている部分)のみ転写されますので。よりきれいに転写できるだけでなくコピー転写の煩わしさも省けます。

Q Tシャツプリントについての注意点は?

Tシャツにプリントするときに、布地の材質またはTシャツの色によって、転写方法を選ばなければなりません。

1)ポリエステル50%以上の生地、色は白や浅い色の場合は

   昇華転写のもっとも得意な分野で、昇華インクで出力した鏡像(左右反転の画像)の転写用紙の印刷面をTシャツの転写したいところにセットし、熱転写プレス機で、180℃、40秒~60秒できれいに転写ができます。昇華インクが高温によって気化し、生地の分子構造の中へ染みこみ、通気性に優れて、洗濯にも強い。生地をポリエステル50%以上、色を白や浅い色に限定する理由は、気化したインクがポリエステル素材の分子構造に入り込み、堅牢にくっ付くのに対し、綿の素材に入り込んで、きれいな転写はできますが、綿の分子構造にしっかり付着しないので、水洗いなどで色がすぐ落ちてしまいます。また、濃い色の生地であれば、生地の色と気化したインクの色と調色中和し、まったく別の色になってしまうからです。市販された白いTシャツの中に、裏側綿100%と表側ポリエステル100%のものがあり、表記上は綿とポリエステル各50%になっていますが、着心地がよく、昇華プリントに適しています。ちなみに、昇華転写に開発されたマウスバットやコースター、財布の表面がほとんどポリエステルになっています。

2)色は浅く、綿50%以上の生地の場合

   浅い色用の専用転写紙が必要になります。転写紙が二層構造で、顔料インクや昇華インクで出力した鏡像(左右反転の画像)の転写用紙の印刷面をTシャツの転写したいところにセットし、熱転写機で、180℃、6秒~15秒の間でプレスします。表の保護層を剥がせば、完成。Tシャツの転写された部分が少し隆起して、この部分の通気性がなくなり、転写してない部分に比べ、手触りが違います。また、転写紙によって、この保護層を剥がすのに、転写後熱いうちにすぐ剥がすタイプと冷却してから剥がすタイプがあるので、転写紙のタイプを確認のうえ、正しく使って下さい。ちなみに、当社が販売している2種類の用紙は転写後熱いうちに剥がすタイプです。

3)色は濃い場合

   綿やポリエステルの生地にかかわらず、濃い色専用転写紙を用います。その用紙も二層構造で、白色のフィルムの表面にインクジェットコーティングを施されています。その面に顔料インクで左右反転の鏡像印刷でなく、そのまま、画像を出力した後、裏の粘着面を保護する用紙を剥がしてから、画像印刷面を上向きにし、Tシャツの上に乗せ、熱転写機で160℃、15秒~20秒プレスすれば、完成です。

   厳格に言えばそれは転写ではなく、薄いフィルムを高温、高圧でTシャツにくっつけるのです、ただ、その過程は熱転写とほぼ同じです。Tシャツの表面に薄いフィルムを付着しているので、その部分が隆起し、通気性が悪くなる、洗濯などによって、徐々にひび割れが生じたりもします。それを軽減するため、品質のいい転写紙を使いましょう。いい用紙にそもそも弾力が優れるので、ひび割れが生じにくい。またプリント面のコーティングもしっかりしていて、印刷出力がきれいです。当社が厳選した2種類の質と価格の比に優れている用紙をぜひお試し下さい。

Q 高品質の昇華転写を行うため、どうしたらいいでしょか?

   まず熱転写の品質を左右する要素がいくつかあります。

1)原板品質 それは転写品質を決めるもっとも大事な要素で、解像度のよい鮮明な画像にこだわって下さい。腕が立つ料理人が腐った材料の前に振舞っても、よい料理はできないと同じ、転写技術がいくらよくても、原板が悪ければいい品質が望めません。

2)プリント品質 転写用プリントのクォリティはプリンタ(プリンタが違えば、プリント結果が違ってきます。)プリンタ出力設定(適切な設定でなければ、画像の滑らかさがなくなったりします。)昇華インク(品質のいいものは流暢性に優れ、インク詰まりあまり起こらないだけでなく、転写する際、インクが気化し、転写素材の分子構造の中へしっかり入り込み、画像の再現性や持ちがよくなる)と転写紙(いい転写紙は画像の再現性と転写率に優れます)

3)被転写物の品質 被転写物(転写素材)の昇華コーティングがきちんとまんべんなく施されたのかどうかは転写後の画像クォリティを大きく影響します。

4)転写用プレス機と転写技術 よい原板、よいプリント、よい被転写物が揃えば、よい転写への準備ができたと言えます。しかし、操作性や温度、時間、圧力のコントロールの悪いプレス機を使えば、せっかくの準備も台無しにしてしまいます。また、転写技術の未熟で、温度、圧力などの設定を間違えば、よい転写結果も生まれません。

 以上1)~4)の転写品質を左右する要素を踏まえて、当社の実写データに基づき、厳選した熱転写プレス機、転写用消耗材と被転写物の組み合わせで、納得のよい転写品質を約束すると同時に、よい転写を高価の機材でという今までのイメージを払拭し、初級導入コストもランニングコストの安さも業界では異彩を放っています。クォリティのいいものを安く仕上げる製品をあなたのビジネスをサポートします。

Q マグカップ熱転写機(カッププレス機)が転写可能な円柱サイズは?

マグカッププレス機の転写マットは交換式になっているため、本体に付属している転写マットの転写範囲は11OZ用で、対応口径75mm~105mmになります。これより小さいな口径のものを転写する際、10OZ用の転写マット(別売り¥18800)に交換すれば、60mm~75mmまでのものへの転写が可能になります。従って、昇華転写のコーティングを施されたものであれば、マグカップに限らず、コーヒーカップ、ビールジョッキ、水筒などなどにも転写ができます。ちなみに当社が取り扱う6in1多機能熱転写機(ヒートプレス機)のマグカップ用転写キットに11OZと10OZ用転写マットを両方つけています。

Q A4昇華転写紙(100枚セット)で、マグカップをいくつ転写可能ですか?

  イラストレーターやフォトショップなどのソフトでA4用紙を縦にし、三等分で面付けをしていただければ、コストが1/3になります。また、プリンタにもよりますがすでに1/3に切られたものを印刷するという方法もあります。したがって、100枚の用紙は300個の11OZのマグカッププリントができる計算になります。

Q 昇華転写のために専用プリンタを用意しなければなりませんか?

転写紙へのプリントは昇華型インクを用いるため、インク噴射方式の違いでエプソンとブラザーのプリンタしか使えないのでご注意ください。お持ちのプリンタのメーカーはエプソンやブラザーであれば、昇華型インクの詰めたカートリッジを交換すれば、使えますが、普通の染料や顔料インクプリントをしたり、昇華インクでプリントをしたり、初終インクを交換するわずらわしさやインクのコストが高くなるのを避けるため、プリンタを別に用意されたほうがいいのではないでしょうか。また、インク代を究極に安くする方法として、連続インク供給体をご利用し、大容量なインクタンクが付属してあるので、補充は外付けのタンクに昇華インクを注ぐのみの作業になります。業務用にぜひお勧めです。エプソン限定の型しか対応しませんがあらかじめご相談いただければ、プリンタの改造なども行うので、気軽にお問合せ下さい。

缶バッジマシンについて

Q プロ仕様SK―1とプロ仕様SD―N3(またはN1)の違いについて教えて下さい

プロ仕様SK―1とプロ仕様SDシリーズ(SD-N1、SD-N3)は両方ともプロ仕様ですが、メーカーが違います、パーツの互換性がありません。
また、一日の推奨作成数によって、機械の持つ強度や採用する素材も違います。もちろんその耐久性も違ってきます。
SD-N1(メーカーの推奨作製数3000個/日)はもっとも強度が高いマシン、SD―N3(メーカーの推奨作製数2000個/日)は標準仕様、SK―1(メーカーの推奨作製数1000個/日)業務用ですが初級機といったところでしょうか。
三者とも精巧にできているので、無駄な力も要らず、当社の日作製推奨数(メーカー推奨数と違います)範囲内で、お使いいただければ、不良品率はゼロに近い。しかも一年間当社製品保証がつきます。
安心してお使いになれます。お客様が自分の想定する使い道や展開するビジネスや作製数などによって、選んでいただければと思います。

ページ上部へ